211176_photo1

皆さんこんにちは。StartupIGO!!の稲本です。

このたびは本告知をご覧いただき、誠にありがとうございます!

今回は7月(東京)、9月(大阪)で大好評だった
「一三五七九セミナー」
を再び東京で開催することにしましたのでお知らせします。

一三五七九セミナーとは何ぞや?という方は、
こちらから過去2回の様子をご覧頂ければと思います。
過去の様子をスライドでお届けし、また参加者様のご感想も掲載しておりますので、
これを見るだけで「参加してみたい・・!」となるのではないかと思います。

本セミナーは
【囲碁の文章化能力、囲碁界随一(自称)】であるところの橘諒が、
皆さまを【一日で囲碁初段】にするべく企画したイベントです。

タイトルの「一三五七九」とは、
皆さまに「一日で囲碁初段」になっていただくために必要不可欠な要素、すなわち

【一間トビに悪手なし】
【三手読んでから打つ】
【五目並べじゃありません】
【七目勝てばコミに勝つ】
【九路盤で打ってみよう!】

の頭文字を取って並べたものです。

また、セミナー序盤には過去2回と同様、
囲碁アマ八段×七段×六段×五段による、
スーパー囲碁パフォーマンスが行われますのでどうぞお楽しみに!

最後に、講師の橘より
【囲碁の魅力】について
ご執筆いただきました。
——————————————————————————————————

囲碁は、【人生のOS】になり得ます。

全てのアプリケーションを起動させるオペレーティングシステムになり得ます。

戦術、戦略、戦場選定、さらに時間的好機・空間的好機・資源的好機の極めも、
全部囲碁で養えます。

「三十六計」を戦術とすれば、
「三十六計をどう使うか」が戦略です。

僕は、あらゆる兵法論の中で

「三十六計逃げるに如かず」

という言葉が一番好きです。

その理由は、

「戦場選定」以上の戦略がないからです。

いかに優れた戦術であっても、
それが戦略というより大きな文脈の中で使用されるのでなければ意味がありません。

そしてあらゆる戦略―『長期的・全体的展望に立った闘争の準備・計画・運用の方法/戦略の具体的遂行である戦術とは区別される』―のうち、

「戦場を選定すること」
以上のそれはあり得ません。

すべての戦術と戦略が試されるのが、
最終的には「戦場」だからです。

よって僕は、「三十六計逃げるに如かず」という言葉を、
「三十六計、戦場選定に如かず」と解釈しています。

簡単に言えば次となります。

【どこで戦うか。】

これを人生に当てはめると、考える範囲は膨大です。

時間軸上のどこで戦うか、
空間上のどこで戦うか、
そして自分の資源のどこで戦うか。

たった一つでも間違えれば、
「間違えていない人」と相対したときの勝ち目はゼロになります。

そしてそのことを学ぶために、
「囲碁」以上の教材は存在しない、
と僕は考えています。

理由は二つあります。

一つ、上記の考え方すべてを僕はまさに「囲碁」で身に付けたこと。
二つ、「戦術・戦略・戦場選定、時間的好機・空間的好機・資源的好機の見極め」
の全ての要素が、
囲碁という一つのゲームに集約されていること。

囲碁が4000年の歴史を持っているのは伊達ではありません。

ぜひこの機会に、囲碁に食指を動かしてみてください。

——————————————————————————————————

<一三五七九セミナー 第3回 in 東京>

■ 日時
2015年1月25日(日) 14:00 – 17:00

■ 会場
囲碁サロン「ねこのかお
千鳥町駅から徒歩1分(大田区千鳥1-4-4生駒ビル3F)

■ 主催
StartupIGO!!

■ 講師
・橘諒(メイン)
・井場悠史
・井桁健太
・稲本章吾

■ 対象者
・スーパー囲碁パフォーマンスに興味のある方
・囲碁の魅力を体感してみたいという方
・一日で囲碁初段になりたいという方

■ 定員
15名

■ 参加費
5,000円

※お支払い方法については、
お申し込みいただいた方のみお伝えいたします。

■ 申込方法
こちらのフォームで件名を
「一三五七九セミナー 第3回 参加申込」
とご記入のうえ、お申し込み下さい。

皆様と会場でお会いできるのを、
心より、楽しみにしております。

■追伸1

ご質問がございましたら、同じくこちらのページ
より、お気軽にどんなことでもお尋ねください。

不安や疑問のなくなるところまで
懇切、丁寧にお答えさせていただきます。

■ 追伸2

先着順、定員となり次第、
募集を締め切らせていただきます。

※座席数の関係で、定員以上の応募は承れませんので、
参加を希望される方は、今すぐ、お申込み下さい。

それでは改めまして、
あなたからのお申し込みを心よりお待ちしています。

稲本 章吾拝